根がらみを取り付けよう!

ウッドデッキはリビングを広げ、生活空間を広げ、また木の温もりに安らぎを感じます。
家族との憩いの場、友人達との宴会の場など、様々な場面で活躍すること間違いなしです。
皆さんも素晴らしいウッドデッキをDIYで作製してみましょう。

根太のピッチは下記を参考にお願いします
オーストラリア檜(ひのき): 25×105~140 根太ピッチ 50~60cm
オーストラリア檜(ひのき): 33×105 根太ピッチ 70~90cm
イタウバ、ウリン、バツーなど: 25×140 根太ピッチ 70~80cm
ウリン、バツー、イペなど: 20×105 根太ピッチ 50~60cm
ウリン、バツー、イペなど: 30×105 根太ピッチ 70~90cm

ご注意事項

  1. 根太ピッチは根太を2枚でサンドイッチした場合と1枚でサンドイッチをした場合で異なります。
  2. 工法により根太のピッチは変わります。上記はあくまでも、DIYのお客様、プロの業者様の声をまとめたものです。あくまでも作製の際に、ご自身で確かめた上で施行を願います。 は下記を参考にお願いします

根太を受ける根がらみを取付けます。

根がらみを取り付ける

補強:斜め打ち(ステンレスコーススレッド、シンプソン金具)

補強

サンドイッチ以外のウッドデッキの作り方

90×90mmの角材を根太として(この場合大引と言う)使用してウッドデッキを作製する方法もあります。

羽子板付きの束石に90角を置き、羽子板と90角をビスで連結します。
その90角の上に面材を留めて完成です。

簡単な施行方法ですが、一点注意は、水平を取るのに少々苦労することです。
図面で説明をしているサンドイッチ方式ならば、束柱の高さがバラバラでもサンドイッチをする通し根太で水平を調整をします。

次は、床板を張ろう!