タイル材の歴史と豆知識

日本のタイルのルーツは中国からもたらされた「セン」と言われています。 奈良時代の「志野釉(しのゆう)の敷瓦(しきがわら)」や「大徳寺玉林院の赤楽敷瓦」など、寺院建築に使われてます。

タイルの歴史


志野釉の敷瓦

大徳寺玉林院の赤楽敷瓦

文明開化とともに、タイルは急速に発展していくことになり、煉瓦造りの洋風建築は、同時に内装の洋風化を推進しました。 洗面所・暖炉・床が次々に取り入れられましたが、ほとんどが輸入タイルで「グラバー邸」などに用いられた硬質陶器質タイルです。 明治末期に国産のタイル製造の動きが活発になり、同じ硬質陶器質の「国産マジョリカタイル」が盛んに作られるようになりました。 製造技術も着々と進化し、改良・開発を積み上げ、本格的な工業化へと発展していきます。


グラバー邸

国産マジョリカタイル

大正3年に「東京駅」が完成。 これは煉瓦造りの集大成ともいわれる大規模なものでした。

「大正時代のタイル広告用ポスター」では、浴室・洗面所にタイルを施し、その頃から様々なニーズが高まり、「ツヤ消しタイル」「スクラッチタイル」「タペストリータイル」など 様々な種類で応え、名実ともに日本の建築材料として広く認められていきました。


東京駅

大正時代のタイル広告用ポスター

昭和20年の戦後アメリカ軍が目ぼしいビルなどを接収し事務所にするため、大量のタイル調達が命令されました。 これにより、タイル産業は戦後復興を短期間で達成し、昭和30年代には国際商品としての地位を築き上げていました。

「全国タイル工業協会」が設立され、JIS規格の制定を実現します。 種類・形状寸法・外観・等級など合理的な品質基準を定められ、充分信頼性の高い「建材」へと完成していきました。

昭和後期には、大量生産・消費の反動から、暮らしにも心にも「豊かさと個性」を求める時代に変わり、ヨーロッパのデザインタイルが注目されてきます。 これは改めてタイル自体の用途を目指すきっかけとなり、インテリアからエクステリアまで、新たな需要を喚起しつつ、今日に至っています。


瀬波海岸遊歩道

橋梁


タイルは、焼き物ならではの風合いと、のびやかなデザインを生かした 「意匠性」が魅力です。 耐水・耐火・耐候・耐久性などの機能については、数千年も前の歴史的建造物が実証してくれています。 立体的形状と表面デザインのバランスを生かせる 数少ない建材として、今もなお進化し続けています。