突き板・ツキ板シート


天然木を薄くスライスした本物の木の壁紙です。

特徴

image

木が好きな人にたまらない!
本物の木の壁紙

☆幅1m×3m以内のサイズオーダーOK!
☆6枚以上からのバラ売りOK!

違う種類を組み合わせてもとってもオシャレ! 店舗にぴったりです。

ツキ板シートのあれこれ

■ツキ板シートってそもそも何?
天然木を薄くスライスしたものです。 カンナから出てくる丸まった木屑を綺麗に伸ばしたものをご想像下さい。

■どうしてツキ板って呼ぶの?
昔の製作方法が由来して、板を長い刃物で突き出すように削りだしていたことからツキ(突き出し)板と呼ばれています。 現代風に「薄切り天然木」と言うとイメージしやすいでしょうか。

■薄い木って破れないの?
ツキ板がそのままの状態ではもろく破れやすいため、裏面にシートを貼る等の加工をしたものが市場に流通しています。 加工したことにより接着しやすくなり、壁に貼ったり、合板と接着させて家具や楽器などに使用されています。

■裏面の加工はどんなもの?
薄手の不織布によるシート加工が施されています。 簡単にハサミやカッターなどでカットできるので、好きな場所に好きな大きさだけツキ板を貼ることができます。

■木目を印刷したビニールクロスとは違うの?
優れた印刷技術により特殊な紙などに木目模様をプリントして使用されるものもありますが、ツキ板は天然の木を使った製品であり、決して 同じもの・同じ模様はありません。 「唯一」なのです。


image

ツキ板はこんなところに使われる!

壁紙 住宅・店舗・ホテルの内装
家具 プラスチック棚の木製リメイク
テーブル柄の変更
オリジナル木製家具の作成
楽器 ギターのリメイク

ラインナップ

image
カバ桜 柾目
image
メープル 柾目
image
オーク 杢
image
レッドオーク 板目
image
レッドオーク 柾目
image
グラナディロ 板目
image
シャム柿 板目
image
エボニー 板目
image
ゼブラウッド 柾目
image
チーク 板目

施工方法

  1. 仮並べ
    はじめに、全体を仮並べして色や柄の調和を図ってください。
  2. 採寸とカット
    貼り付ける部分を正確に採寸し、高さ、幅とも 5cm 長めにカットします。 ジョイントして貼っていく場合には、高さを 5cm 長め、幅はそのままにしておきます。 木目の上下の確認を行い、上端を全て切り揃えておきます。
  3. 糊付け
    使用する接着剤は、合成ゴム糸接着剤の使用を推奨します。 シートと下地の両方に 140~160 g/m² 塗付します。 指で触っても接着剤が指に付かなくなる程度まで乾燥させます。
  4. 切り取り
    下の端部まで押さえてから下地を確認し、カッターナイフで裾を切ります。

適合下地

下地
合板 石膏ボード 珪酸カルシウム板 モルタル 金属板
適合性
前処理 釘、ビス、タッカー等の錨頭処理 (コンパネは目が粗いため、充分なペーパー当てが必要) 釘、ビス、 タッカー等の錨頭処理後、 シーラ捨て塗り 金ゴテ仕上し、充分な乾燥後、シーラ捨て塗り ・サビ、バリの除去・油脂成分の除去
パテ処理・
ペーパー処理
ジョイント部分と釘・ビス・タッカー、穴のある所のパテ処理・充分な乾燥後、ペーパで平滑処理 クラックのパテ処理・十分な乾燥後、ペーパーで平滑処理 隙間のパテ処理・充分な乾燥後、ペーパーで平滑処理
表面清掃 ハケ、ウエス等にてゴミやホコリをきれいに落とす アルコールやシンナーで ゴミやホコリ、油汚れを落とす
シーラ処理 全面に塗付 (プライマーの吸い込みが激しい場合) 全面に塗付  

施工例

注意事項

  • 屋外・浴室や脱衣所等、水滴や高湿度にさらされる場所での施工は控えてください。
  • 下地が平滑でない場所への施工はさけてください。
  • 強い光にさらされる場所への施工はさけてください。(紫外線による褐色化の原因になります)
  • 下地が充分乾燥した状態にしておいてください。
  • 施工場所は充分に確保をしておいてください。(貼り作業は場所をとります)
  • 施工場所の温度は、約12℃~35℃ でお願い致します。

    ※12℃以下は粘着力の低下により、シートの膨れ・浮きの発生の原因となります。
    ※湿気の多い場所での施工は膨張によりシートの浮きが発生することがございます。
    ※湿度の下がりと浮きの度合いが収まるのを待ってからアイロンで抑えてください。

ご注文・お問い合わせ

下記のFAX用紙・メールにてお問い合わせください。 ※品番・数量を明記頂けますようお願い致します。

  • FAXでのお申し込み
    下記より専用シートをダウンロードしてご利用ください。
  • メールでのお申し込み
    下記ボタンからメールを送信してください。