施工店様も必見! 短尺材のメリットと活用方法

短尺材は材料費は安いが、継ぎが多くなり、工数が多くなってしまう。
これは施工店様には常識ですが、安い以外の短尺材メリットや、活用方法をまとめました。

短尺材のメリット・デメリット

メリット

  • 配送料金が安い
  • 軽い
  • 無駄が少ない
  • 施工時の扱いが簡単
  • 曲がりがほぼ無い
  • 反りがほぼ無い

デメリット

  • 継ぎが多く工数が増える
  • 仕上がりの美観

一見、デメリットが多そうに感じる短尺材ですが、実は工数・美観以外のデメリットはありません。
美観についても、『デッキな長手方向に張った方ががよい』、考えが根付いていますが、短尺を素敵な床板デザインにDIYされている方や、リーベワークスの施工事例も沢山あります!


短尺材 ウッドデッキ床板の張り方 参考例

ウッドデッキの床材をどのように張るのか?
張るパターンは、定尺張り・乱張り・2枚張・3枚張りが主流です。

また、ウッドデッキの床板は室内のフローリングの方向と同じ方向に貼るのが主流ですが、リビングと独立したウッドデッキの場合は、市松模様にしても素敵です。

ぜひ、下記のウッドデッキの張り方(パターン)を参考にしてください。

短尺材が安い!!キャンペーン実施中

1128キャンペーン

パターン1)市松模様風

富山県 K.I様のDIY事例です。
短尺材ウリン (1800mm、1200mm)をきれいに配置したウッドデッキです。
床板は縦横交互に張り合わせるため、根太は、 大引きとサンドイッチ工法を組み合わせて設計されています。

短尺材を活用した広々ウッドデッキ 短尺材を活用した広々ウッドデッキ

もっと詳しくこのDIY事例を見る


パターン2)定尺張り①

リーベワークスで、個人邸の屋上ウッドデッキをリニューアルした際の事例です。
イタウバの短尺材を定尺張りしており、木目の風合いが横1枚張りのときの表情とは、また違った仕上がりになっています。

短尺材を活用した屋上デッキのリニューアル
リニューアル前
短尺材を活用した屋上デッキのリニューアル
施工中
短尺材を活用した屋上デッキのリニューアル

もっと詳しくこの施工事例を見る


パターン3)定尺張り②

オシャレなバルコニーデッキの事例です。広大なウッドデッキを定尺張りで製作し、整然としたイメージに仕上げました。
デッキに対して短めのサイズを使っても、張り方次第でオシャレに仕上がります。

短尺材をうまく配置したフェンスとデッキ施工 短尺材をうまく配置したフェンスとデッキ施工 短尺材をうまく配置したフェンスとデッキ施工

もっと詳しくこの施工事例を見る


短尺材 活用方法

ウッドデッキの床板以外にも、縁台風デッキ、フェンス、ガーデンファニチャーの製作にもお使いいただけます。

縁台デッキ

奥行が短い縁台デッキは、短尺材を縦張りにすると、スマートなイメージに仕上がります。

ガーデンファニチャー

ファニチャーはどちらもDIY作品です。タイルを張って遊び心満載に。サイプレスでスタンダードなファニチャーにも変身。