アムール アルミフェンス ストライプ(縦格子)

アムールアルミフェンスストライプ

» 法人価格は、こちらへ問合せ

特徴

・組立が簡単
専用の支柱と組み合わせて施工すればいいので簡単。

・丈夫で長持ち
アルミ製だから腐食せず屋外の使用に強いフェンスです。色あせや傷みもないので設置後のメンテナンスもなく安心してご使用いただけます。

・防犯対策に効果的
外からの視線をさえぎるので、防犯対策に効果的です。

特徴

ラインナップ

ラインナップ

H130タイプ
特徴
サイズ(1スパン)
幅1010×奥行55×高さ1300mm
フェンス部分
幅30×高さ1050mm×12本
仕上がりの高さ
1300mm
フェンス下の高さ
200mm(埋没させる長さ:300mm)
柱サイズ
幅55×奥行55×高さ1300mm


アムール アルミフェンス ストライプ(縦格子)H130
アムール フェンス用 共通支柱 H130
12036670-049
12036670-055
10,800円前後
3,700円前後

H169タイプ
特徴
サイズ(1スパン)
幅1010×奥行55×高さ1690mm
フェンス部分
幅38×高さ1440mm×12本
仕上がりの高さ
1690mm
フェンス下の高さ
200mm(埋没させる長さ:350mm)
柱サイズ
幅55×奥行55×高さ1690mm


H210タイプ
特徴
サイズ(1スパン)
幅1010×奥行55×高さ2080mm
フェンス部分
幅38×高さ1830mm×12本
仕上がりの高さ
2080mm
フェンス下の高さ
200mm(埋没させる長さ:400mm)
柱サイズ
幅55×奥行55×高さ2080mm


基本設置図

基本設置図

1スパン
2スパン
3スパン
4スパン
総横幅
1010mm
1965mm
2920mm
3875mm
ご購入の組み合わせ
「パネル」×1
「柱」×2
「パネル」×2
「柱」×3
「パネル」×3
「柱」×4
「パネル」×4
「柱」×5

フェンスの基礎部分


コンクリートの場合

フェンスの基礎部分

1.コンクリートに穴をあける
2.柱を立てる
3.柱の隙間にモルタルを流し込む
柱が動きそうな場合は、斜桟を取り付けます。
4.フェンスパネルを取り付ける

土又はアスファルトの場合

フェンスの基礎部分

1.土を掘って木枠で加工
2.底に砂利を敷き詰める
3.フェンスブロックに支柱を差し込んで固定する
4.パネルを張ってビスで固定する
5.枠の隙間にモルタルを流し込んで固定する

施工方法

1.図のように、別売りの支柱ⓐにEを2個ずつ入れます。EのネジはFで締めてください。
Yの位置のEは、完全に固定せず仮止め程度にします。Xの位置のEは、上から約155mmの場所で固定してください。

基礎の設置

2.フェンス部分を組み立てます。
B2本にA→Cの順番で交互に入れていきます。AとCを全部入れたらフェンス部分の完成です。

基礎の設置

3.フェンス部分を組み立てます。
B2本にA→Cの順番で交互に入れていきます。AとCを全部入れたらフェンス部分の完成です。

基礎の設置

4.①で仮止めしておいたYの位置のEを、フェンスに合わせて調整して固定します。
Eに載せたフェンス部分は、Gを使ってビスDで固定してください。

基礎の設置

5.支柱に蓋をします。支柱の蓋ⓔをビスⓓで固定してください。(ⓓとⓔは支柱の箱に同梱されています。)

基礎の設置

❖旧モデル「セーヌ」も処分価格で販売していますので、こちらもご検討ください。

目隠しフェンスセーヌ


お問い合わせ・お見積りのご依頼はこちら
TEL: 047-470-9501 / FAX: 047-470-9073
FAXでご依頼の際は、オーダーシートをご利用ください。» ダウンロード