イペ材 vs セランガンバツ メリット・デメリット比較

天然木ハードウッド人気材と言えば、イタウバ マットグロッソ州産、イペ材、ウリン材、セランガンバツ、アマゾンジャラです。

イペ材は、大凡、25年前にブラジルから輸入され、大人気のウッドデッキ材です。
イペはブラジルの国家の花です。美しい花だけでなく、木材自体の仕様は素晴らしい。
外構もインテリアでも使用されています。ただ、人気故に、価格が高騰しているのは残念です。

セランガンバツは、イペ材よりもっと歴史があります。南洋材が元気な時代にインドネシアから輸入されています。
日本の地理が近いのと、製材技術が上級、そして、安定供給が抜群。
故、セランガンバツは、ハードウッド(屋外用の木材)で一番需要が高いウッドデッキ材なのです。

イペ(パオロペ)
イペ(パオロペ)

耐久性、安定性、木目の美しさなど、総合的に高い性能と信頼性を誇り、欠点の少ない人気のデッキ材です。

イペ 詳細ページを開く

セランガンバツ
セランガンバツ

セランガンバツは、大木なので様々なサイズが用意できます。
セランガンバツの丸太が日本に入って来ます。ハードウッド(屋外用の木材)では セランガンバツだけです。

セランガンバツ 詳細ページを開く

  イペ セランガンバツ
m3単価 50万円 30万円
耐久性 約50年 約15年
長所 高級感、日本で約30年前後からの信用のウッドデッキ材・フェンス材です。 安定した供給量を保っている。手に入りやすい。総合的に全てが安定。
短所 セランガンバツに比べ、イペ材は高価。 加工性に劣る。. イペ材に比べ、セランガンバツは寸法安定に劣る。木肌がざらざらすることがある。
ささくれ 出る。 出る。
安定性 イペが最も安定性が高いウッドデッキ材・フェンス材です。
加工性 ×
サイズ それぞれウッドデッキの定番サイズをご用意しています。

イペ、セランガンバツそれぞれの施工写真